初心者でも出来る!『MGバンシィ・ノルン』をミキシングでLED改造!(ver3.0)

ガンプラ

前回のおさらい

さて、前回の続きで今回で最終回です。

ホットボンド初経験、

半田ごて中学校の授業で使った以来、

こんな小さいLEDを加工・使用したことも無し!

それでも、

バンシィのLED化が何とか形になりました!

これだけの数のLEDを内蔵したことは始めてでしたが、ちょうど良いLEDも見つけたり、道具も試行錯誤していいもの探しながら、気合いでここまで来れました(^-^)v

<参考記事>ガンプラにLEDを内蔵するのに『おすすめアイテム』と『おすすめキット』

配線図?みたいなのも、

ちょっとやってみたいなぁ~

って方の参考になれば嬉しいですね♪

やっぱり一番大切なのは『やってみたい!』『やってみよう!』って気持ちですね。

それでは

ここから最後の仕上げに入りたいと思います!

アクションベース作成

せっかく本体が光るようになったんで、この勢いで

第一回目で紹介させてもらったニコニコ動画を参考に、アクションベースもLEDを内蔵して光らせたいと思います!

使用したアクションベース

今回LED内蔵に使用したアクションベースはこれです。


アクションベース3

ベースの中心部が台紙等貼れるように一段下がっているやつです。

これが、LEDのプレートをはめ込むのにちょうどいいです。

アクリル板の加工

厚み3mmのアクリル板をホームセンターで購入

これにロゴやラインを入れてLEDで光らせていきます!

手順としては
  • アクリル板をアクションベース3の中心部の窪みサイズにカット。
  • 画像編集ソフト(私はエクセル)でアクリル板に掘るロゴやラインなどのモデルを作って印刷する。
  • カットしたアクリル板の下に印刷したモデルを敷く。
  • モデルになぞってアクリル板を削る。

ざっとこんな感じの手順になりますね♪

もっといいやり方があるとは思いますが、私が思い付いてやってみたのはこんな感じです♪

使用した道具

アクリル板を加工するために使用した道具はこれです。

1、クラフトのこ

アクリル板を切るのに使います。まぁ、要するに小さいノコギリです。

2、Pカッター

プラスチックをキレイに破断させるために使います。

アクリル板にPカッターの鉤状の先端で何回か引っ掻いて溝を作り、その溝に添って割るとアクリル板がキレイに割れます。

今回はそれと、ロゴマークのライン部分を削るのにも使っています。

3、ミニルーター

いやーほんと、削ることに関しては最強!

やっぱり電動はいいですね~。回転の強弱も調整できるし。楽チンです(^.^)


ちなみに、バンシィのLED配線を通す時の加工でも、ピンバイス同様活躍してくれました!

LEDアクリル板の作り方

では、使用する道具の紹介が出来たところで、こいつらを駆使してアクリル板に細工を施していきます。

エクセルとか画像編集ソフトとかでロゴを作ったら、印刷してアクリル板の下に敷いて、ロゴとアクリル板がずれないようテープかなにかで止めておきましょう!

固定できたらロゴになぞってアクリル板をミニルーターで軽く削っていきます。

こんな感じで!

??

なぜ『シャアの日常』

申し訳ありません!制作途中の写真がありませんでした!(;’∀’)

代わりにイメージだけでもわかってもらえたらと思いまして、、、、。

軽く削って白くなる程度に、なるべくムラ無くキズをつけます。

このキズがLEDの光を乱反射させて、字がネオンのように光って浮かび上がるわけですね♪

という事で、字はミニルーターで、ラインはPカッターで削り混んでいきます。

一通り出来たところがこんな感じですね。

やはり、ユニコーンガンダムならこのロゴですね「NT-D発動」

※『シャアの日常』が完成した訳ではありません!(笑)

ん?ラインを一ヶ所引き忘れているぞ、と。

この作業で一番難しいのは、

常に同じ角度から字をなぞっていくこと。なぜならアクリル板の厚み分だけのズレが生じやすいから。

そう考えると「もっと薄い板でええやん!」

と思われるでしょうが、、、

実は、私もそう思いました!(笑)

今度からそうします(._.)_

LEDアクションベースの完成

さて、アクリル板が出来たのでこれとアクションベースをくっつけます。

で、アクションベースの裏側にアクリル板を照らすLEDやら配線をぶっ込んでいきます。

で、配線図はこんな感じ♪

アクションべ-スのLED配線図

雑でごめんなさい(笑)

まぁ、こんな感じです。

電源供給はアダプターを使用して端子を接続しています。

使用したアダプターはこちら♪

探し回ってようやくAmazonで発見!


3Vのアダプターなので抵抗無しでもLEDと直結しても大丈夫!のはず(;’∀’)

私はこれで抵抗無しでLEDと結合しています。

で、光ったらこんな感じです!

いいんじゃないでしょうか!

これで全て完成!

アクションベースも出来たところで、全てのLED化が完成しました!

素組状態から『塗装・墨入れ・デカール』を施して

まずは

『ユニコーン・モード』です

改造後のバンシィのユニコーン・モード

で、『デストロイ・モード』

改造後のバンシィのデストロイ・モードを作成したアクションベースセットした写真

LED化してこうなりまし!(^^)/

LEDを内蔵したバンシィのユニコーン・モード
LEDを内蔵したバンシィのデストロイ・モード

ケースに入れたら反射しやたらキラキラに!(゜ロ゜)

やば。

かっこいいぞ。

なんか幻想的な雰囲気です♪

ガンプラに興味がない嫁さんも

わぁ~、綺麗~、すごいやん!

なんて言ってくれましたね♪

我が家のクリスマスのイルミネーションはこれで!(笑)

ちなみに、変形機構は生きているのですが、一度デストロイ・モードにしたらLEDの断線恐くてユニコーン・モードに戻したくない!(笑)

最後に、LED化まとめ

ほんと、おおかた1年くらいを費やしましたね。

心折れて放置した期間が多分トータルで近半年近くありましたが(・・;)

何とか完成と呼べる状態になりました。

しかし、苦労した分達成感もかなりありました!

この動画に出会ってなかったらここまで「これやりたい!」とは思わなかったかもしれないですね。

ERROR: The request could not be satisfied

ほんと感謝ですね。

今回のLED工作でまた、出来る事の幅が広がりました、これは失敗しまくったことで得た経験もかなり大きく感じますね!

次回また「やろう!」っなったときは今回でやり方がずいぶんわかったので、もっとスムーズに出来そうです♪

ちなみに、今回使用したアイテムで一番影響が大きかったのは『Amazonで見つけたLED』ですね!


工作員
工作員

これを使えば出来そうだ!

と思えたからです。

よくあるモノアイを光らせるとかは、これならLEDを埋め込むスペースや配線にそんなに困らずに、簡単に出来ると思いますよ♪

あとは、ほんと根性で(笑)

ガンプラに、LEDを内蔵してみたい!

と思っている方が、この記事をみて

「このやり方なら私も出来そうだ!」と思ってくれれば良いですね♪

以上、バンシィ・ノルンのLED化、三部作終わりです!


後日、ユニコーンガンダムもLED化してみました(^^)/

これで役者はそろったかな?

ついに『RGペルフェクティビリティ』にもLEDを内蔵してみました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました